本日 222 人 - 昨日 210 人 - 累計 207176 人

番外「五段先生」

高校剣道部の顧問は、国士舘大学出身の金子先生でした。

先生は当時五段。

たぶん大学を卒業して、2~3年だったと思います。

稽古をいただいた時の記憶は、35年以上経った今でも鮮明に覚えています。

「竹刀が重い」

先生の竹刀捌きに自分の竹刀を思う様に動かす事が出来ず
ただただ打たれていました。

なので金子先生の指導稽古は、大嫌いでした。

残念ながら会長先生は、高校1年生の夏休み前に事情があり
剣道部を退部してしまったので、高校剣道の思い出は殆んどありません。

何年か前、その先生は定年を待たずに実家の農家を継ぐ為
退職されたと風の便りに聞きました。

「今でも剣道をしているのかな」と時折、思い出します。

あれ程イヤだった稽古なのに、何故かまたいただきたいと思うこの頃なのです。