本日 39 人 - 昨日 116 人 - 累計 116677 人

番外「再開・・・」

会長先生が剣道から離れて、既に20年以上が経過した年の春
再び剣道に係わる出来事がありました。

中学校に新入学をした長女が、驚く事に剣道部に入部したのです。

家族の誰かが薦めた訳ではありません。

各部活動の「部活紹介」を見学した彼女は、自分の意思で決めて帰宅しました。

彼女曰く「カッコいい」

防具を装着した先輩方が、凛々しく見えた様です。

当然マメな会長先生は、彼女が剣道部に在籍する三年間、試合・昇段審査等
仕事も顧みる事なく、応援と車出しに精を出しました。

そして中途半端に剣道経験のある会長先生は、長女に対し多少の剣道指導を
偉そうにしていました。

しかし自身が剣道を再開する気持ちは
「考えもしなかった」「さらさらなかった」そんな残念な会長先生なのでした。

前の記事