本日 45 人 - 昨日 145 人 - 累計 277865 人

テーピングではないけれど・・・。

子供の頃は、稽古が激しかったので、左足の親指の付
け根がずっとパックリと割れていました。

バンドエイドを親指の付け根に巻きつけますが、稽古
を続けている限り傷口は塞がらず、稽古中に取れてし
まいます。

ところで、今では絶対に見かけないので、記憶から遠
ざかっていましたが、久し振りに親指の付け根が割れ
たので、バンドエイドの代わりに、テーピングをした
時に記憶が蘇りました。

それは、竹刀が稽古でささくれないように、竹刀をば
らして、1本ずつ物打ちの部分をテープで巻きつけてい
くのですが、透明なテープならまだしも、青や黄色の
ビニールテープで巻きつけるのです。

これは子供だけがやっていたのではなく、先生方も一
部やっていて、何の疑問も持っていませんでした。

しかしながら、当然稽古中そのテープが破れて、テー
プの粘着部分が、相手の面や小手にべっとりと付きま
す。

そんな訳で40年以上前の一時期でしたが、竹刀に「テ
ーピング」したことを思い出しました。