本日 43 人 - 昨日 145 人 - 累計 277863 人

昇段審査に落ちた訳は・・・。②

大学時代剣道部の同級生5、6人が、4段の昇段審査を
受けました。

その中に1名普段稽古に参加せず、ぶっつけ本番で審査
を受けた同級生がいました。

審査を見に来られた先生を初め、本人も合格できるとは
思っていませんでした。

ところが、一発で実技試験を合格しました。

そして、彼を含め実技試験合格者は、二次審査の形に進
むことになりましたが、彼の姿がありません。

同級生が彼を探し回った後でわかったことですが、形の
稽古を全くしていなかった彼は、断り無く審査会場を去
っていたのでした。

結局審査を放棄したと看做され、次回の審査で形だけ受
審することもできず、不合格となったのでした。

その後、彼は剣道を続けることもなく、幻の4段で竹刀
を置いたのでした。