本日 127 人 - 昨日 198 人 - 累計 287930 人
中学の剣道部に同級生のT君も一緒に入部しま
した。

T君は剣道は初めてですが、私がいるから剣道
部に入部することに決めたと言ってくれました。

T君は、ひょうきんでよく人を笑わせます。

T君には2歳年上の中3のお姉さんがいました。

以前私の兄と付き合っていたことから、正月に
は自宅に遊びに来たりしていたので、よく知っ
ていました。

ところで、稽古前に部室で着替えていると、パ
ンツ一丁の姿になったT君が、自分の履いてい
る白いパンツを指差しながら、朗らかに大きな
声で叫びました。

「お姉ちゃんのパンツだぁ~」

みんな目が点になってしまいました。

先日竹刀がささくれていたので、竹刀をばらして
木工やすりで、ささくれを削り取りました。

そして油を塗って勢いよく手ぬぐいで拭き取った
瞬間、右手の人差し指に痛みが走り、手ぬぐいを
放り出しました。

削り取ったと思った竹刀のささくれが、まだ残っ
ていたのでした。

指の相当深くまでささくれが刺さったので、左手
の親指と人差し指の爪で挟んで、ゆっくりと慎重
に抜き取りました。

慌てると指に刺さったささくれの先端が、折れて
しまって、指の中に残してしまうからです。

さて、その後数日間ささくれが刺さったところが
腫れ上がり、痛みが残ります。

傷口が塞がるどころか、膿んできました。

そこで思い切って、傷口の回りを左手の親指と人
差し指の爪で挟んで、膿みを搾り出しました。

膿みと一緒に血も滲み出てきましたが、完全に抜
き取ったと思った竹刀のささくれが、5mm程出
てきました。

指に刺さったささくれは、1本だけではなかった
ようです。

剣道の試合には、母親が作ってくれた昼食用の
おにぎりを持参します。

海苔で巻かれたおおきなおにぎりの具には、梅
干やかつお節が入っています。

おにぎりは、1個ずつアルミホイルに包まれて
おり、3個程ですが結構ボリュームがあります。

当時はコンビニもなく、だいたいみんな同じよ
うにおにぎりを用意してもらっていました。

さて、試合が始まり、組み合わせや勝敗次第で
おにぎりを食べる時間が変わってきます。

ゆっくりと食べられるのは、早く試合に負けた
時ですが、勝ち進んだときは、試合の合間にお
にぎりを1個だけしか食べることができなかっ
てのでした。

この5月の連休中、剣道の試合が多く行われる
ことと思います。

さて、当時通っていた警察の道場では、試合前
の稽古日には、前半先生方との稽古を終えた後、
後半から試合形式の稽古となります。

警察の道場は狭く、試合コート1面を取るのが
やっとの広さでした。

試合稽古中、相手をライン近くまで攻め、面を
打っていきました。

広い道場であれば、面が決まらなくても、場外
反則になりますが、勢いよく相手の横を抜けて、
そのままコートの外に出ることも可能です。

しかしながら、警察の道場は狭いので、面を打
って相手の横を抜けても、ライン際で勢いを落
とさなければ、建物の壁にぶつかってしまいま
す。

そして、面が決まらず振り返った瞬間に、後ろ
から追いかけて来た相手に、逆に面を打たれて
1本取られてしまうのでした。

相撲の土俵際ではありませんが、ライン際では
最後まで気を抜いてはいけませんね。